◆太白☆SHOW レポ

太白SSタイトル.png

VOL.1 そば処 登喜和 様


太白☆SHOW レポート Vol.1

2018年 2月26日
ヒアリング

・・・・・・・・・・・・・・・・・

太白☆SHOWの動画内容について。
どういったPR動画ならお役に立てるかをヒアリング。

実は二代目社長(以下、小川さん)さんは元ダンサー!
キッズダンサーが自分たちの特技地元のお店を応援するというコンセプトに、大変共感してくださいました。

 

「自分もダンスを通して学んだことがたくさんあるんです。」と小川さん。

 

「お蕎麦をもっと身近なものに」という想いがあることをお聞きしました。
ダンスシーン以外にも、家族連れで和気あいあいと蕎麦を食べているシーンはどうですか?
アットホームな雰囲気が伝わる動画にしましょうとヒアリングを終了。

その打ち合わせ内容を子どもたちへ伝えました。


その後【蕎麦×ダンス】をイメージした子ども達の中から【蕎麦ダンス】が誕生。

 

IMG_8343.JPG 

 

2018年 3月8日
SENSEスタジオにて楽曲の打ち合わせ

動画音楽について。
最初は自分で作ろうかと思ったんです。

でもBGMはイメージを左右する重要な部分。


やっぱりここはこだわりたい!
太白区のイメージソングになる歌がいい!

そう思ったら、一人しか浮かびませんでした。
太白区のシンガーソングライター

なおポップさんオフィシャルホームページはこちら


企画に共感していただき、制作を請け負ってくださいました。
そして歌詞は制作チームの親子も一緒に言葉を考えて、なおポップさんへ託します。

目の前でリズムパターンをいくつも出してくださり、それを撮影しすぐにグループLINEで共有。

不思議なことに保護者の方々が良いというリズムと、子ども達がいいというリズムが二極化!

 

そしてそれを上手くミックスしてくれた、なおポップさん!


更には音声収録やナレーション作業も本格的な機材を持ってきてもらい収録。
大変お世話になりました。

*詳細はメイキングムービーをみてくださいね。


image.jpg
*HPより画像をお借りました


 

 

2018年 3月20日
SENSEスタジオにて初の合同練習会

ある程度わかりやすいように、雛形の動画を事前に用意しました。

「お蕎麦屋さんの前でフラッシュモブみたいに踊り出すのはどうかな?」と私。

「フラッシュモブって何?」
「演技できない〜」
と小学校1年生〜中学校
1年生までが話し合い。

 

事前に全員で踊る【蕎麦ダンスの動画はLINEグループでシェア。

しかし通常レッスン後からの合同練習会。

子ども達も疲れと眠気と好奇心とが入り乱れる中、振りうつしはなかなか進まず。

それをじっと後ろで待つ保護者の皆様。お疲れさまです。

今回の企画をお伝えした際に「子どもたちが自発的に動けるように、アドバイスは極力少な目でお願いします。」「やってみたいと言ったことは、やらせてください」と伝えてありました。

子どもの可能性を信じて見守ること。
親のちょっとした工夫で、子どもは自分で考えるようになります。

 

 

2018年 3月28日
撮影当日!
富沢公園から登喜和さんへ

子ども達の春休みと登喜和さんの休店日。
予定を合わせ撮影に挑みました。


しかも撮影は「野外」「お店の前」でダンスをするという晴天を前提とした演出構成。
みんなの願いが叶い、当日は今年一番の夏日?というくらい暑い日になりました。

自然光が動画の色彩をより鮮やかに演出してくれています。

 

13:00
登喜和さんから徒歩3分あたりに位置する富沢公園にて、まずは練習とダンス撮影。

14:00
お店へ向かい、今度はお蕎麦をいただくシーン撮影。

14:45
子ども達から「蕎麦について」質問タイム。

15:00
お店の前で踊るシーンのリハーサル。

15:25 本番スタート!


・・・思いのほか交通量の多い道路を挟んでの撮影でTAKE 5まで及びました。


すべてのシーンのダンスを変えて踊った小川さんに圧巻!

15:50 撮影終了!


 

IMG_8352.JPGIMG_8344.JPGIMG_8348.JPGIMG_8346.JPG

 

2018年 4月12日
朝に蕎麦打ちの追加撮影
夜は
なおポップ先生と音声収録

1度目の動画編集を終えて、演出担当キッズたちに見せたところ、すぐに指摘が入りました。

『お蕎麦やさんのCMなのに、子どもばかり映っている』
『メイキングが多すぎる』 
『小川さんの踊っているところを大きくして』...など。

 

これ、大正論なんです。
編集は私がしているため、仕上がった際に「子どもたちの映像ばかりになってしまった...」と思っていました。ついつい親心で・・・お蕎麦やさんのCMなのに、こども達の表情がたくさん。

 

2回目の動画編集終了。
「どうしても、そば打ちのシーンを入れて欲しい」とリクエストが。


これにも理由がありました。

そば処 
登喜和さんのこだわりは

「手打ちそば」。


そのシーンを入れた方がアピールになる!と。


こうして最終編集を終えたのでした。

 

4011E415-0D55-4ED9-840C-842C945D50A1.jpeg

 

 

 

 

【アンケート】2018.5.8付

A) 今回の動画制作に参加してみてどうでしたか?(複数回答可)

 

1. 楽しかった... ■■■■
2.難しかった
3.面白かった... ■■■
4.つまらなかった
5.もっと作りたい... ■■
6.大変だった... ■■

-----------------------------------

 

B) 動画制作をする中で以下の行程がありました。
楽しそう(楽しかった)、または大変だなぁと思った部分はどこですか?(複数回答可)

 

1.企画(イメージ作り)… KIDS VOICE「最初はイメージが全くわかなかった」
2.振付
3.構成(絵コンテ)
4.練習
5.本番(撮影)…  KIDS VOICE「車がたくさん通ってなかなか思うような撮影ができなかったこと」
6.ナレーション… KIDS VOICE「事前に練習していてもマイクの前に立ったら緊張して全然喋れなかった」
7.音楽制作
8.映像編集

 

*今回は1回目なため関わっていない部分も多いと思いますがイメージでもいいです。理由もあると嬉しいです。

●楽しかった番号… KIDS VOICE「1,6 ナレーションは大変だったけど自分の声が動画に合わさったのを見たらとても嬉しかったです!またやりたい!」
… KIDS VOICE「2 やってみて大変だったけど楽しかった」

●大変そうな番号… KIDS VOICE「3,7,8 いっぱい動画を撮っていたけど、それをどう繋げるのか全く分からなかった。えみさんから送られてくる動画を見てすごいと思った。YouTube大好きだけどこんな風に作るのかって勉強になった」
… KIDS VOICE「2 振付に悩んだ」
… KIDS VOICE「5 撮影中、車が何回も通って撮り直しもあった。でもそれがまた楽しかった」

-----------------------------------

 

C) 今回裏方の仕事(制作)と表の仕事(出演)をしてみて、どちらが楽しかったですか?

1.裏方が楽しい
2.表が楽しい... ■■
3.両方楽しい... ■■■

-----------------------------------

 

D) 今回ダンスを通して地域の事を知ったり、地域にいる異業種のプロの人達(登喜和さんやなおポップさん)と関われてどう思いましたか?

 

1.地域のお店や大人を身近に感じた。… KIDS VOICE「ときわさんにまた食べに行きたい」... ■■■
2.キッズダンスでお店の宣伝ができた。... ■■
3.仕事にこだわりがあると思った。… KIDS VOICE「蕎麦を打つのがかっこよかった!なおポップさんも優しいのにオーラがあってすごい人だと思った」
4.太白区のお店や人々をもっと知りたいと思った。... ■■■

-----------------------------------

 

E)  次回動画を作るならどんな場所やお店がいいですか?

1.飲食店... ■■■
2.地底の森ミュージアム(文化財)
3.専門店
4.公共施設... ■■
5.学校... ■■■

-----------------------------------

 

F) 動画制作以外にやってみたいことがあったら教えてください。

… KIDS VOICE「学校ではやってるけど、お仕事体験みたいな事をしてみたい。」
… KIDS VOICE「お仕事体験。ボランティア。太白区のお祭りの手伝い。」

-----------------------------------